昨年11月17日に掲載した記事、富田三紗子「博物館が所蔵する文献資料の整理におけるISAD(G)の考え方の応用:大磯町郷土資料館における整理方法を検討して」(2014年)でご紹介した論文のインターネット公開に関して、著者のご所属から許可が得られたとのことです(2015年2月)。

著者よりPDFファイルを2月18日ご送付いただいておりました。私の都合で掲載が本日(3月13日)になってしまいました。著者の富田さん、ごめんなさい。

元のブログ記事からもご覧になれるようにしました。

富田三紗子「博物館が所蔵する文献資料の整理におけるISAD(G)の考え方の応用:大磯町郷土資料館における整理方法を検討して」(2014年)

「日本博物館協会から国立国会図書館に出された要望書をめぐって」というやりとりを思い出しました。自治体の博物館紀要等に掲載された貴重な論文へのアクセスの向上が進むといいですね。

IMG_2263